晩酌焼酎部


 

自宅での晩酌でたしなめた焼酎(芋)を中心に自己満足のためにまとめているページです。
いわゆるB級グルメなんだすけど、「これこそ、焼酎!」という、癖の強い、芋焼酎が好みです。
庶民なため、高級品には手を出せません(^^;

◆鹿児島

酒造会社 銘柄 酒造会社の説明文 価格
(無印は一升)
感想
大石酒造
阿久根市波留1676
鶴見
鶴見(大石酒造)(芋)
「これぞ、芋焼酎」と通をうならせる、豊穣な芋焼酎の味と香り。
明治三十二年、創業当時よりの銘柄です。
初代長次郎は、当時シベリアから阿久根に飛来していた鶴を見ながら焼酎を飲むのを好み、自ら作った焼酎を「鶴見」と名付けたと言います。
1,780円(酒のキンコー楽天市場店
楽天でチェック
居酒屋で飲んで、「これぞ、芋焼酎!」と思った一品。オススメはお湯割りらしいが、ロックでもおいしい。(★★★★★) (2013/6)
薩摩酒造
枕崎市
南之方(みなんかた)
南之方(薩摩酒造)
昔懐かしいこいごいとした味わいの芋焼酎。
黒麹を使用し無ろ過製法により、芋の風味をたっぷり残しました。
 1,463円(酒のキンコー楽天市場店
定価:1,704円
楽天でチェック
薩摩酒造はTVのCMでもやっていた「神の河(かんのこ)」や「さつま白波」の会社。
鶴見購入時に当該ネットショップのオススメというか売上No.1だった品。庶民的な値段にもかかわらず、これまた芋っぽく、好みの一品。(★★★★★)
(2013/6)
さつま黒白波
さつま黒白波(薩摩酒造)
 黒麹焼酎づくりを得意とする黒瀬杜氏が仕込んだ本場の黒。黒麹ならではの甘さとコクはお湯割り、ロックでいっそう引き立ちます。 近所のスーパーで1,380円
定価:1,743円
楽天でチェック
日常晩酌用。気軽に飲めました。(★★★☆☆)(2013/8)
本坊酒造
鹿児島市
 青天桜島
青天桜島(本坊酒造)
美しい夏の桜島に吹く風のように、爽やかでクリアな酒質の夏季限定の芋焼酎です。オススメはロック、水割り 近所のスーパーにて購入
定価:1,810円
楽天でチェック
本坊酒造は銘柄「桜島」の会社で、明治5年(1872年)の創業以来百悠余年。工場見学もできるらしい。パッケージのきれいさに惹かれて購入。(★★★☆☆)
(2013/6)
三岳酒造
熊毛郡屋久島町
三岳
三岳(三岳酒造)
屋久島、九州一の山宮之浦岳、永田岳、黒味岳の総稱。
三岳酒造は昭和33年 姶良郡の栗野酒造株式会社を買収し現在地に移転。三岳酒造株式会社に商号を改め操業を開始。県会議員であった初代社長佐々木一雄が操業開始。現在2代目。操業以来代表銘柄は三岳のみ。
近くの酒屋(田島屋酒店)で2,205円
楽天でチェック
はじめて居酒屋でボトルキープした思い出の品。すっきりしていて、とても飲みやすい。アルコール度35度のものもあるらしい。(★★★★☆)
(2013/8)
大山酒造
伊佐市
伊佐大泉(いさたいせん)
bin1
 「一蔵一銘柄」の小さな木造り蔵です。明治38年(1905年)に創業。伊佐焼酎の中のひとつ「伊佐大泉」は約1000銘柄あるといわれる鹿児島焼酎の中で知名度は低いですが、鹿児島県下焼酎鑑評会で総裁賞や優等賞に輝くなど評価は高く、多くのファンに愛されてきました。銘柄の「伊佐」は地名を表わし、「大泉」は尽きることのない美しい泉をイメージしてつけられています。 ヤフオクで購入
定価は1,800円程度
楽天でチェック
第一印象はアルコール(泡盛)っぽかったけど、飲んでいくうちに日常晩酌にかかせないような感覚になりました。(★★★★☆)(2013/8)
中村酒造場
霧島市
玉露黒
玉露黒(中村酒造場)
玉露はお茶の玉露にちなみ焼酎界の最高峰たらんと命名。手造りの麹と、昔ながらのかめ壷仕込みにこだわり、芋焼酎本来の甘みと深みのある味わいになっています。 ヤフオクで購入
売価は1,800円程度
楽天でチェック
地元で愛飲されているとWebページに書かれていたが、とにかまろやかかつ味があり、奥深さを感じた一品。美味。(★★★★★)(2013/9)
さつま無双
鹿児島市
七十七万石
satsuma-77mangoku
ラベルに「鹿児島限定」と書いてあった。「さつま無双」のホームページには商品紹介なし。2008年度モンドセレクションにおいて銀賞受賞。 ヤフオクで購入
売価は2,000円程度~
楽天でチェック
芋焼酎独特のパンチもなく、飲みやすい。毎日の晩酌向け。(★★★☆☆)(2013/10)
 無双 黄金千貫×紅さつま
satsuma-02
焼酎好きの焼酎屋をこら旨んまかと言わしめた焼酎。

こちらの商品も「さつま無双」のホームページには商品紹介なし。ネットショップにも見当たらなかったが以前楽天で売られていた形跡あり。限定販売?焼き芋のようなホクホク感漂う香りに仕上がったコガネセンガンが原料の焼酎と、リンゴのようなフルーティーな香りに仕上がった紅さつまを原料にした焼酎を、絶妙なブレンドにより、上品で甘く優しい味わいを楽しめる焼酎に仕上げました。

ヤフオクで購入
売価は2,200円~
ラベルにあるように確かに焼き芋の風味を感じた。おもしろい味(★★★☆☆)(2013/10)
朝日酒造
大島郡喜界町
朝日(30度)
(黒糖)
社名でもあるその名が示す通り創業以来の銘柄で、弊社の伝統を引き継いできた商品です。原料由来の豊かなコクと後味にキレがあるのが特徴です。 ヤフオクで購入
売価は2,000円~
楽天でチェック
キターーッて言う感じ。黒糖のクセになじめなくて最初は抵抗があったものの回を重ねるごとに味わえる楽しみに変わった一品。(★★★★☆)(2013/10)
白金酒造
姶良市
白金の露(黒)
白金の露黒
明治2年創業の酒造会社。「磨き芋仕込み」。さつまいもを一個一個皮をむき、下手焼いたんだ個所を取り除いた状態で仕込む。 ヤフオクで購入
売価は1,700円程度
楽天でチェック
これ!という特徴は感じられないけど、飲みやすい。(★★★☆☆)(2013/10)
指宿酒造
指宿市
赤利右衛門
赤利右衛門
薩摩焼酎『赤利右衛門』は、南薩摩産の薩摩芋「紅さつま」を使用しています。
紅さつまは鮮やかな紅色の皮で、中身は淡黄色をしており、甘みが強くとても美味しいので青果用として広く栽培されています。通常、芋焼酎の原料芋といえば 「黄金千貫」ですが、薩摩焼酎『赤利右衛門』では、この紅さつま自体がもつ美味さを最大限に活かしました。
『利右衛門』伝統の味わいに、甘く華やかな香り、トロける旨味を重ね合わせた逸品です。
ヤフオクで購入
売価は1,700円程度
楽天でチェック
(★★★☆☆)
(2013/11)
相良酒造
鹿児島市
相良
相良
薩摩下田七窪の名水を使用しています。
相良(さがら)酒造の白麹仕込みの芋焼酎です。
相良酒造特有の濃厚な飲み口特長です。
昔ながらの濃い芋焼酎の香りをお楽しみ頂けます。
ヤフオクで購入
売価は1,800円程度
楽天でチェック
(★★★☆☆)
(2013/11)
小鹿酒造 鹿屋市 黒本にごり
A68_T1
伝統の黒麹と厳選された国産米を使用して製麹し、大隅・国見山系の自然水と黒麹の香りを引き出す”黒麹かほり酵母”を加えて「酛(もと)」を造り、さらに二次原料として契約栽培の新鮮なさつまいもを使用しました。

さらに、伝統の技に裏打ちされたもろみ管理と当時の蒸留機をヒントに開発された、柔らかく優しい蒸気の「小型蒸留機」を用いて造られた、旨味成分がたっぷりと残り、ひときわまろやかで軽い喉越しの芋焼酎です。

 ヤフオクで購入。売価は2,000円程度→楽天でチェック  (★★★☆☆)
(2015/11)
白玉醸造 肝属郡錦江町 元老院
08301603_4e5c8b5b25c27
 「魔王」の蔵元の麦・芋ブレンドの長期貯蔵焼酎。麦焼酎の香ばしく軽やかな旨味と、芋焼酎の甘くふくよかな味わいがバランス良くプレンドされており、樫樽による長期貯蔵熟成を経た、まろやかさのある逸品です。  ヤフオクで購入。売価は2,000円程度→楽天でチェック  こてこての芋というよりフルーティ。美味!
(★★★★★)
(2015/11)
天誅
08301602_4e5c8b0c1b7ea
天誅は本来、天から与えられた豊かな実りのお米とさつまいもの焼酎で天与の豊饒で醸した焼酎、「天酎」だったのですが時代と業界の取り巻く環境の中で、あえて「天誅」と名付けられました。
米焼酎をベースに芋焼酎をブレンドした逸品!
芋の柔らかな旨味と甘味が溶け合った飲みやすい米焼酎です。
ヤフオクで購入。売価は2,500円程度→楽天でチェック (★★★★☆)
(2015/11)
大会酒造 鹿屋市
products_11m
 芋の香りには馴染めないが芋焼酎に挑戦してみたいという方にお勧めです。
黄麹とベニオトメという品種のさつまいもを使用して、低温で丁寧に発酵させ、減圧蒸留することでクセの無い甘味と鮮烈な香り、そして爽快な喉ごしを実現しました。
垂水温泉水「寿鶴」を使用。ロック、水割り、冷たいストレートがよく合う、女性に人気の焼酎です。
 ヤフオクで購入。売価は2,500円程度→楽天でチェック  しそ焼酎?と思わせるような香り。
(★★★☆☆)
(2015/11)

◆宮崎県

酒造会社 銘柄 酒造会社の説明文 価格
(無印は一升)
感想
松露酒造宮崎県串間市 松露
豊かな香りと力強い味わいが特徴です。また、芋焼酎本来の香ばしさとまろやかさが口いっぱいに広がります。 ヤフオクで購入。売価は1,680円~
楽天でチェック
芋焼酎ならではの独特の強さを感じましたが、飲み進めるうちに癖になるお味でした。(★★★★☆)(2013/10)

◆蘊蓄(うんちく)

  • 白麹と黒麹 

見た目の色が白麹は白色、黒麹は黒色(オリーブ色)をしております。この色の違いは麹の胞子の色の違いによります。
もともとは黒麹は沖縄で泡盛用に使われていた麹菌です。白麹は黒麹の突然変異種で、現在、沖縄以外において焼酎用麹菌の主流になっています。白麹菌を使用した焼酎は穏やかな香りと柔らかな味わいが特徴といわれています。(サッポロビールホームページより抜粋)
麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。(wikipediaより抜粋)

◆参考リンク

  • 焼酎寸言 管理人さんの飲んだ焼酎の感想。実際に酒造会社に足を運んでの取材もあり。2013年9月15日現在、234銘柄。素晴らしいの一言につきます。
  • 薩摩焼酎巡礼 West far West というホームページにおける一カテゴリ。西の果て鹿児島県南さつま市にお住まいの管理人さんが足を運んで、さつま近辺の酒造を報告していただいています。三岳酒造、本坊酒造、大石酒造など。こちらも素晴らしい取材力です!
  • 鹿児島県酒造組合 鹿児島県の酒造一覧と基礎データ。2013年9月現在104社(もあるんだ)。工場見学・試飲情報もあり。
  • アフィリエイトのヒント 楽天の検索結果をアフィリエイトにするにはどうするの?を解決してくれたサイト