[本]ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」/荒木香織


 

”ノーサイド直前、3点ビハインドの状況でペナルティを得た時、エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチは「ショット!(ペナルティキックで同点を狙え)」の指示を出しました。
けれども、選手たちはその指示を無視しました。ロックとして身体を貼り続けてきたトンプソンルーク選手は言ったそうです。
「歴史を変えるのは誰よ!?」
そして、トライを狙いに生き、あの大逆転が生まれました。
そのとき、このチームはエディさんから自立した。主体性をもって、自らの意思と判断で行動したのです。それこそが、エディさんと私が三年間、選手たちに求め続けてきたことでした。”

冒頭の文章にある場面、記憶に新しく、今でも鳥肌がたってしまいます。

「メンタルコントロール」という言葉を、最近よく耳にしますが、あのラグビーワールドカップの現場で3年以上チームを支え続けたメンタルコーチが本書の筆者です。

一般人からすると、シチュエーションとして必要となる機会も少ないかもしれませんが、様々なプレゼンのときや部下へのコーチングなど、知っておくことによって成果をあげることができるのはないかと思います。

自分に対しても以下のように言えるくらい、しっかりと準備・対応しなくちゃ!

”「緊張したり、不安になったとき、”これはあかん、どうしよう”と思うとプレーできなくなる。”これでいいんや”と。それくらいがんばって準備してきた、それくらい強い気持ちがあるからこそ、そのエネルギーを試合にぶつけられる。緊張したり不安に感じたら、”それであたりまえだ、それを感じられるのはいいことなんだ”と思ってください。
みんなのために、家族も友達もチームメイトも恩師もみんな応援してくれている。こんなに幸せなことはない。こんな経験ができるのはワールドカップに出られるからこそ。人生、もうこんなにドキドキワクワクすることはそうないと思うから、楽しみましょう!」”


  • メンタルコーチの仕事は何かと聞かれれば、
    「スキル、道具を増やすこと」
    そう答えます。
    不安であったなら、なにか壁にぶつかっているのなら、なんらかの道具、ツールを使って、不安を軽減するなり、コントロールするなりして、アスリート自身がそれとつきあっていく。~中略~そのためのツールを教えてあげる。増やしてあげる-それがメンタルコーチの役割だと私は思っているのです。
  • プレ・パフォーマンス・ルーティンを行うことで、身体が「いまからこのプレーをするのだな」と理解して、そのための準備に入るのです。
  • 「僕はキックを蹴るときには何も考えていない。頭にあるのは、自分のルーティンがしっかり守れているかどうかだけだ」(五郎丸選手)
  • 平常心で臨んでも、決していい結果は出ません。むしろ、適度に興奮し、不安もある程度抱えている状態のほうがいいパフォーマンスができるといわれています。不安があればより集中しようとするし、準備も入念に行わざるを得ません。
  • 何かを前にして、漠然とした不安を感じることは誰にでもあると思います。そんなときは、何が不安なのか、その原因をひとつひとつ書き出していくことが大切です。そうやって整理し、対処法を考えることで、自分がコントロールできること、やるべきことが明確になっていくはずです。
  • 「勝つチーム」←「誇り」←「国歌斉唱」
    →代表としての誇りをもって、チームに積極的にコミットする。そういうメンタリティが、代表レベルでやっていくためには必要不可欠なのであり、監督やコーチはそういう姿勢を見ているのです。
  • エディさんは、言われたことだけを従順にこなすという態度を最も嫌っていました。「がんばります」と言うだけの選手のコメントは大嫌いでした。自分で具体的な課題を見つけ、考え、向上しようとする姿勢を常に忘れない。選手にはそうあってほしいと考えていたのです。
  • (ほめることは大事であるとともに)ほめられたら「ありがとう」と手をあげたりしてちゃんと反応することが、「いまのはよかったんだ」と記憶しておくには必要なのです。
  • 「自信がある人」になる方法
    1.自信があるようにふるまう
    たとえ自信がないときでも、まずは頭をあげ、胸を張り、勝者のように、自信があるようにふるまうことを意識してください。相手の反応が変われば、結果も変わってきます。それが自信につながっていくのです。
    2.セルフトーク
    ネガティブな言葉を、自信に綱が鵜言葉に置き換えて、自分を鼓舞する。
    3.繰り返し練習する
  • 自分だけでは達成できない「結果に対する目標」を達成するために、自分でコントロールできる目標をかかげる
    -パフォーマンスに関する目標
    -過程に関する目標

yanchablue について

通信系会社でシステム開発を中心に従事。趣味はスポーツ(サッカー)、読書(雑読)、日曜プログラミング(仕事ではプログラムを書けない分類になってしまった。)。横浜市金沢区在住。札幌市出身。 ( Twitter @peter_luck )
カテゴリー: 本棚 パーマリンク