[本]一瞬で心をつかむ文章術/石田章洋


我流を貫き、自分メモとしてブログを書きたい人は、本書を絶対読まないでください。

私の本ページは、自分のためのメモであることが第一の目的です。
したがって、読者視線の興味を惹きつけるような文章はなく、後から自分で読み返したときに、そのとき自分がどう思っていたか、書籍の中で気になる文章などを記載することにより、何かのネタになるのかなと思っています。

ところで本書は、ブロガーになりたい人のための読者を惹きつける記事で満載です。
これらのノウハウを活かして、ブログを書けば、注目されるのも時間の問題かと思います。物書きとして生計をたてようと考えている人にとっては、しっておくべきコツが満載です。(ところどころビジネスにも応用可能なところもあります)

目立ちたがりのブロガーを目指す人はぜひ。
自分みたいに貧乏金なしでもオーケーな人は、我流でいってください(笑)

今回もレビュープラスさん、ありがとうございました。


    • 文章を素早く書くための、たった一つのコツ。
      それは「しっかり考えてから書き始める」ことです。
    • 文章は「読者のためにある」のです。
      人に読んでもらい、言いたいことを理解してもらう、すべての文章は、そのために書かれています。
    • 欲しい→「オピニ持ち歩きふせんカバー」(シャチハタ株式会社)
  • ワープロソフトのアウトライン機能を使う
  • 本論を「現在・過去・未来」で並べる
  • 本論を「PREP法」で並べる
    「要点(Point)」、「理由(Reason)」、「具体例(Example)、または根拠(Evidence)」、「要点(Point)」
  • 対句法のコツは、伝えたいことの前に、逆の意味のフレーズを持って来ること
  • 私の場合、必ず紙に印刷してから、赤ペンを持って遂行を始めます
    (印刷したほうが間違いに気づきやすいのです)

yanchablue について

通信系会社でシステム開発を中心に従事。趣味はスポーツ(サッカー)、読書(雑読)、日曜プログラミング(仕事ではプログラムを書けない分類になってしまった。)。横浜市金沢区在住。札幌市出身。 ( Twitter @peter_luck )
カテゴリー: 本棚 パーマリンク