[本]好奇心を“天職”に変える空想教室/植松努


 

著者の植松さんは、炭鉱で栄えた北海道赤平市に工場を経営しています。田舎の村工場でありながら、NASAをはじめ、宇宙開発関連の方が利用する施設(世界で2つしかない)を自ら考案して作成するなど、世界に輝く中小企業の一つになっています。

ご本人は幼少の頃から飛行機が好きで、飛行機の勉強ばかりしていました。一方で学校の勉強の成績は今一つ。先生からも冷たい仕打ちを受けるなど、苦労を重ねてきました。しかし、そのとがった知識は大学で開花し、見事飛行機関連の企業に入社。身を削って、できないことをできるようにするスタンスで仕事をするも、まわりとの温度感があわず、夢破れ5年で退職。

その後、地元赤平で父の工場を手伝うことに。そこで、彼の考え抜くスタンスから、世界でも稀少価値となる製品をいくつも作成。世界で2つしかない無重力装置も自ら考え、自らの手で作り、世界各国から利用されているとのこと。

また、今は幼少時代の辛い思いから、子供たちにロケットづくりの体験教室を開催し、夢をあきらめないことを説いています。「できないこと」を「だったらこうしたら?」でお互いが支えあう人間性と社会を求めて、まだまだご活躍されている・・・というのが植松さんです。

平易な文章で書きあげていますが、人が生きることの基本じゃないかなと思われる内容がいっぱいです。

生きることに行き詰りそうになっている人やその親御さんに、ぜひオススメの一冊です。

植松さんの会社のホームページはこちら→ http://uematsudenki.com/


  • いっぱい考えた結果、夢とは「今できないことを、追いかけること」だと確認したのです。
    →今できないことを追いかけることが夢ならば、人は夢を持つことによって、能力が増えて、できる仕事が増えることになります。
  • 泣くほどのうれしさを得るために、最も大事なのは「責任を持つ」ということです。
    本当の仲間たちは、「責任」の向こう側にしかいないからです。
  • 不思議なこと。それは、英語で「ワンダー」といいます。そしてワンダーがいっぱいな状態なことを「ワンダフル」といいます。
  • いやな、ネガティブな未来を見つめるんです。そうしたら、どういうことが起こりそうか考えられます。どういうことが起こりそうかわかったら、どうすればいいのか準備できます。準備ができれば、心配はありません。
    ただ残念なことに、どれだけ準備しても失敗するんです。
    そのとき「失敗」そのものに罰を与えてはいけません。~中略~
    大事なのは「なんで失敗したんだろう」「だったら次はこうしてみよう」という言葉をかけあうことです。
  • 成績とか偏差値じゃない。他人がつける点数で、納得してはいけない。社会で生きていく上で大切なことはたった一つ、「一緒に仕事したい」と思われるような人物になること。
  • 売れそうだなと思えるものは、その時点でもう負けです。たいていは二番煎じ、パクリ商品だからです。とっくにブームは終わってます。
    本物の新製品は、「悲しみや、苦しみや不便の解決」から生まれてくるものです。
    「これがあったら新しい」と思うものを、みなさんもどんどん考えてみてほしいと思います。
  • 50%の力で今の食い扶持を稼いで、50%の力で未来の仕事を作ればいい。
  • 「人は、足りないからこそ助け合うことができるんだ」
  • 「やめなさい」といわれていることを、全部「はいわかりました」とやめてしまったら、自分の人生は無責任な誰かに持っていかれるだけです。
    なんでも、自分で考えて、試してみたほうがいいのです。
  • 本当の絆というのは、「受け入れる」「かかわる」「見捨てない」です。それが愛というものなんだろうと、ぼくは思ってます。
  • 「お金で買うものだったら、それは趣味じゃなくて、ただのサービスだよ。本当の趣味は自分で作り出すものだ。それが仕事になることもある。本が好きなら、本を書いてみたらどうだ?」

yanchablue について

通信系会社でシステム開発を中心に従事。趣味はスポーツ(サッカー)、読書(雑読)、日曜プログラミング(仕事ではプログラムを書けない分類になってしまった。)。横浜市金沢区在住。札幌市出身。 ( Twitter @peter_luck )
カテゴリー: 本棚 パーマリンク