[本]いつもの仕事が倍速で進む活能スイッチ/西多昌規


 

短時間通勤になってから、本を読む時間がめっきり減ってしまいましたが、ここ最近、少しだけ復活。

だいぶ、年とともに考える力も低下したかな?と思う今日この頃、脳にまつわるヒントがぎっしりの本書を読みました。

つねに脳の力を十分に発揮するための日頃の習慣が大事ということですよね。

日記(それも手書き)をはじめます。(と宣言してみました(笑))


  • デフォルトネットワークは、「何もせずぼーっっとしているとき」に活動が活発になって、「仕事や作業、読み書きなどの課題をしているとき」には活動が低下するという脳システム。~中略~アイデアやひらめきは「ぼんやり」の中から生まれる
  • 脳には「キリがいいところで終わったこと」を忘れやすく、「キリが悪いところで終わったこと」を頭に残しやすいという特徴があり、この現象を「ツァイガルニク効果」と呼びます。
  • 午前中は「頭を使う仕事」、午後は「人と会う仕事」をする。
    →私達の自律神経において、午前中は交感神経(物事を論理的に考える力)が優位、午後は副交感神経(感情的にとらえる傾向)が優位なため。
  • 就寝前に1日を振り返り、短い日記をつける。
    →自分の脳と体のコンディションが整えられる。
    ・デフォルト・ネットワークが活性化する。
    ・「書く」ことで心身が落ち着く
    ・副交感神経が刺激されて、自律神経のバランスが整う
    ・脳が切り替わってよく眠れるようになる
  • メラトニン(脳を休ませるための刺激)の生成・分泌を高めるためには、材料のセロトニンを多くする必要があり、そのためにも日々朝の光をしっかり浴びる習慣が大切
  • (睡眠により)記憶のとげとげしさが整理整頓され、オブラートに包まれたようにマイルドなものへと変容する
  • 昼寝は「パワーナップ」と呼ばれていて、疲れた脳にパワーを取り戻すビジネススキル
    (昼寝をする時間は長くとも「30分以内」)
  • 通勤途中や散歩中に歩きながら「いいこと探し」をする
  • 旅行中はNK(ナチュラルキラー)細胞の活性度が高くなり、免疫力が高まることもわかっています。
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]仕事ができる人の「しないこと」リスト/中島孝志


 

職場が変わって、2時間通勤から脱却されたのはいいのですが、中々電車の中で本を読むことが少なくなりました。生活リズムを本のある生活に変えたいと思っている今日この頃、久しぶりにアップです。

内容は、これまで読んだ書物の総まとめみたいな。

梁塵秘抄の一句は大事にしたいです・

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子どもの声聞けば わがみさへこそ動かるれ


  • 大火事にならないよう小火のうちに消せ
    →上記のために大切なことは「隠蔽しない」「反省しすぎない
  • ネガティブ・ワードが厄介なのは、自分だけでなく首位の人間をも腐らせてしまうことにあります」
  • 自ら交流会や勉強会を主催してしまえばいい→著者の本
  • できる人は、走りながら考える
  • 問題のある従業員は改心させることではなく、会社の業績を伸ばすことに活用するのが大事
  • 遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子どもの声聞けば わがみさへこそ動かるれ」(『梁塵秘抄』平安時代末期に編まれた歌謡集。編者は後白河法皇。治承年間(1180年前後)の作)
  • 「大事なこと」は一晩おいてから判断せよ
  • 自分の「コアタイム」を認識し、それを仕事に活用することは効率的
  • 講演の途中で、次のテーマに映る前に、それまで話したことのポイントをまとめて、過剰下記するように話すのです。
    「これと、これと、これについてお話ししました。では次は〇〇というテーマについてお話しします」
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。/毛利 大一郎


自分も学校を卒業し、就職してから29年になりました。

その間、いろんな経験をさせていただきましたが、振り返ってみると、仕事を通して自分が得られたものってなんだろう?と思いますね。

目の前にあることを、ただひたすらやり遂げた・・・という感じ。

本書で得られた以下の言葉が響きました。

”仕事は「楽しくあれ」という考え方を私はずっと持ち続けています。楽しく思うためには、目標をしっかりやりきらないといけません。自分自身が充実していないといけません。”

そう、「目標」。

私の会社員人生も残り10年程度でしょうか、楽しく過ごすためにも改めて目標を設定・意識して生きていきたい・・と痛感することができた一冊でした。

後付けで本書の中身を説明すると、著者は企業の宣伝・広告を手掛けるコンサルタント、株式会社R4の毛利さん。求人広告や企業広告を手掛けるために、クライアントの会社に勤める多くの社員・経営者にインタビューしてきました。約1000人にもわたるインタビューを通して、毛利さんが感銘をうけた10人についての仕事への向かい方をレポートするとともに、当該10名による仕事への想いが綴られています。

読んでいただきたいとしたら、就職活動中の学生もそうですが、就職して少し仕事に余裕ができて自分を振り返る時間ができた人、本当にこのままでいいのか?と思っている人ですね。

仕事を楽しむためにも、ぜひおすすめの一冊です。

今回もレビュープラスさんにお世話になりました!

ありがとうございます!


  • 何事にも逃げずにやってきたという自負はあります。やってきたことのすべてが、今の人生に活かされていると思います。~中略~「何があっても、そこから逃げずに臨めば、素晴らしい出会いが待っている
  • 働いている以上は「やる」しかない。「やる」という事実は代えられません。とするならば、苦しみながら「やる」よりも、楽しんで「やる」ほうがいいに決まっています。どうせ「やる」しかないのだから、絶対に楽しんでやるべきだし、そのほうが幸せになれるのではないでしょうか。
  • 「やるべきことがない」「求められていない」という状態が、人は一番辛いんじゃないかなって。やるべきことがある、誰かの役に立てる、つまり「仕事があること」が、これ以上ない幸せなんじゃないかなって。
  • 自分らしい働き方は、働かないと見つけられないものだと思います。本当に一番大事なものは何なのか。それは働くことで明白になるのではないでしょうか。今はそれが見つからなくても、今この瞬間を一生懸命に生きていれば、そのうち必ず見つかるはずです。
  • 人生のほとんどの時間を、働く時間が占めますよね。その意味では、仕事は人生そのものと言えるかもしれません。だからこそ、仕事は「楽しくあれ」という考え方を私はずっと持ち続けています。楽しく思うためには、目標をしっかりやりきらないといけません。自分自身が充実していないといけません。
カテゴリー: 未分類 | コメントする

[本]おもしろい伝え方の公式/石田章洋


まじめな話しかできない、緊張して頭が真っ白になる・・・などなど、スピーチは大の苦手です。そんなとき、ちょっと機転を利かして、笑いが取れればどんなに幸せでしょう。

そんな悩みを解決してくれるヒントを提供してくれるのが本書。

大事なのは、

  • 相手と場を共有すること
  • 相手がどう思っているかが最も大事
  • 常にネタになるものを意識する

ということかと思います。

笑いをとるためのちょっとした話し方の工夫など、本書では参考になることも多いです。結婚式のスピーチをするはめになったときなどに、もう一度読み返したいと思います。

今回もレビュープラスさんにお世話になりました。
ありがとうございました。


  • すべてのコミュニケーションにおいてもっとも大切なのは、「自分が相手にどう思われているか?」ではなく、「相手がどう思っているか?」です。
  • 桂枝雀(かつらしじゃく)理論「キンカンの法則」
    人は緊張が緩和されたときに笑う
  • キンカンの法則 実践例
    緊張→緩和(倒置法)
    自慢→自虐
    思い込み(予想)→裏切り
    謎→解決
    権威→失態
    たとえる→結びつく などなど
  • 頭の中に、先に映像を浮かべること
  • その場にいる相手と「共有・共感できる話題」を選んでください
  • 「笑い」とは距離があるものが結びつくこと、つまり「異質な材料の新しい組み合わせ」です。
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]降りてくる思考法/江上隆夫


副題にあるほど、クレイジーかどうかはわかりませんが、アイデアを生み出すことを中心に筆者が実践してきた48のスキルを惜しみなく、一冊の本にまとめたのが本書になります。

そのスキルの根底には3つの考え方があります。

  1. 「メタ思考(※)をうながす」
  2. 「ワク組みの自動実行をストップする」
  3. 「無意識の発酵期間を設ける」

(※)「より大きな視点、高い視点から物事を考えること」=ワク組みの外へ出て考えること

ビジネスにおけるいろんなシチュエーションにも、上記の考え方は原点として必要なことと思います。その応用として、48のスキルも身につけ、実践すると完璧ですね。

48のスキルだけ転記しようと思い、ネットで検索すると以下で序文と目次、書き出し章が閲覧可能です。

降りてくる思考法 http://r.binb.jp/epm/e1_34025_30092016121037/

気になる方はぜひ、「ちょい見」してみてはどうでしょうか?

今回もレビュープラスさんにお世話になりました。
締め切りを大きく過ぎてしまい、申し訳ありませんでした。


  • 問題を解決するためには、その問題をつくっている「ワク組み」に気づき、さらに外の視点を獲得しなければ、問題を解決するアイデアを獲ることはできない
  • 脳は、わたしたちが想像するよりはるかに高度な思考作業を、意識的な活動よりはるかに大きなエネルギーを投入して、無意識の領域で行っている。
  • なくすことは失うことではない。無駄なものをそぎ落として、本質をあらわにすることをいう。大地を覆っていた雪が解け、下から緑が芽吹いてくるように、隠れていた新しい力を見出すこと。なくすことは見つけること、出会うことなのだ。
  • 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」(井上ひさし/『the 座』1989年9月号)
  • 思考には2つのステージがある。1つはひたすら「考えるステージ」。もう1つは「考えるための下準備のステージ」
  • ガンジーとパークスのふたりに共通するのは、目の前にある巨大な問題を「わたし自身の問題」として感じ、対処したことにあります。
  • (優れたアイデアを実践するにあたり)「なぜあなたが考えるのか」「なぜあなたが、その問題を解決しなければならないのか」という問いをしっかりと考えておくこと。
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[ライフハック] 2017年版手帳(自炊) A5ルーズリーフ版


 

手帳自炊し始めて、4年目になります。
今年は、(頭の回転が遅くなったため 😯 )年齢早見表も追加しました。

 

2017%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc 2017年間カレンダー
(pdf)2017年間カレンダー
 2018%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc 2018年間カレンダー
(pdf)2018年間カレンダー
2017%e6%9c%88%e9%96%93%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc  2017年月間カレンダー
(pdf)2017月間カレンダー
2017%e9%80%b1%e9%96%93%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%ef%bc%88%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d%e5%b7%a6%ef%bc%89 2017週間(見開き左)
(pdf)2017週間(見開き左)
2017%e9%80%b1%e9%96%93%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%ef%bc%88%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d%e5%8f%b3%ef%bc%89 2017週間(見開き右)
(pdf)2017週間(見開き右)
2017%e5%b9%b4-%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e6%97%a9%e8%a6%8b%e8%a1%a8 2017年-年齢早見表
(pdf)2017年-年齢早見表
上記をすべて含めたエクセルファイル
(excel)手帳セットー2017-r1

 

カテゴリー: ライフハック | タグ: , , | コメントする

[本]となりの婚活女子は、今日も迷走中/大西明美


 

今回もレビュープラスさんにお世話になり、拝読。

自分はすでに成人の子供を持つ、50歳代男性。

そんな私が、娘世代の気になるテーマを知るのもよいかなと思いまして。

内容は、結構相談所を利用するも、なかなかうまくいかない婚活女子の典型例をあげるとともに、対策を示す内容になっています。典型例は

  • 年上女子
  • 箱入り女子
  • 学歴女子
  • 質問女子
  • フェイスブック女子
  • 不安女子

など、16ケース。

私が心に響いた(といっても何のメリットもないが)のは、「男心をがっちりつかむ女性たち」の「インスタ女子」に登場するちかこさん(仮名)の発言です。インスタグラムで写真を投稿する彼女に、どんな写真が男性に興味をもっていただけるかを聞いたところ、

「言うまでもないじゃないですか、手料理ですよ。私は婚活を始めると決めたときから、ほぼ自炊生活になりました。これは健康のためではなくて、お弁当や夜ご飯をアップするためです。

手段や動機はともあれ、素晴らしい!と感服です。

結婚適齢期なんだけど、なかなか婚活がうまくいかない女子にとっては、超オススメですね。

なお、著者の大西さんによる婚活アドバイス記事は以下のサイトでもご覧になれます。まずは以下のサイトをみて、もっと知りたい!と思った人はぜひ本を手に取っていただくことをお勧めします。

仕事は得意だが、婚活がうまくいかないあなたに | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online http://president.jp/category/c01635

カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」/荒木香織


 

”ノーサイド直前、3点ビハインドの状況でペナルティを得た時、エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチは「ショット!(ペナルティキックで同点を狙え)」の指示を出しました。
けれども、選手たちはその指示を無視しました。ロックとして身体を貼り続けてきたトンプソンルーク選手は言ったそうです。
「歴史を変えるのは誰よ!?」
そして、トライを狙いに生き、あの大逆転が生まれました。
そのとき、このチームはエディさんから自立した。主体性をもって、自らの意思と判断で行動したのです。それこそが、エディさんと私が三年間、選手たちに求め続けてきたことでした。”

冒頭の文章にある場面、記憶に新しく、今でも鳥肌がたってしまいます。

「メンタルコントロール」という言葉を、最近よく耳にしますが、あのラグビーワールドカップの現場で3年以上チームを支え続けたメンタルコーチが本書の筆者です。

一般人からすると、シチュエーションとして必要となる機会も少ないかもしれませんが、様々なプレゼンのときや部下へのコーチングなど、知っておくことによって成果をあげることができるのはないかと思います。

自分に対しても以下のように言えるくらい、しっかりと準備・対応しなくちゃ!

”「緊張したり、不安になったとき、”これはあかん、どうしよう”と思うとプレーできなくなる。”これでいいんや”と。それくらいがんばって準備してきた、それくらい強い気持ちがあるからこそ、そのエネルギーを試合にぶつけられる。緊張したり不安に感じたら、”それであたりまえだ、それを感じられるのはいいことなんだ”と思ってください。
みんなのために、家族も友達もチームメイトも恩師もみんな応援してくれている。こんなに幸せなことはない。こんな経験ができるのはワールドカップに出られるからこそ。人生、もうこんなにドキドキワクワクすることはそうないと思うから、楽しみましょう!」”


  • メンタルコーチの仕事は何かと聞かれれば、
    「スキル、道具を増やすこと」
    そう答えます。
    不安であったなら、なにか壁にぶつかっているのなら、なんらかの道具、ツールを使って、不安を軽減するなり、コントロールするなりして、アスリート自身がそれとつきあっていく。~中略~そのためのツールを教えてあげる。増やしてあげる-それがメンタルコーチの役割だと私は思っているのです。
  • プレ・パフォーマンス・ルーティンを行うことで、身体が「いまからこのプレーをするのだな」と理解して、そのための準備に入るのです。
  • 「僕はキックを蹴るときには何も考えていない。頭にあるのは、自分のルーティンがしっかり守れているかどうかだけだ」(五郎丸選手)
  • 平常心で臨んでも、決していい結果は出ません。むしろ、適度に興奮し、不安もある程度抱えている状態のほうがいいパフォーマンスができるといわれています。不安があればより集中しようとするし、準備も入念に行わざるを得ません。
  • 何かを前にして、漠然とした不安を感じることは誰にでもあると思います。そんなときは、何が不安なのか、その原因をひとつひとつ書き出していくことが大切です。そうやって整理し、対処法を考えることで、自分がコントロールできること、やるべきことが明確になっていくはずです。
  • 「勝つチーム」←「誇り」←「国歌斉唱」
    →代表としての誇りをもって、チームに積極的にコミットする。そういうメンタリティが、代表レベルでやっていくためには必要不可欠なのであり、監督やコーチはそういう姿勢を見ているのです。
  • エディさんは、言われたことだけを従順にこなすという態度を最も嫌っていました。「がんばります」と言うだけの選手のコメントは大嫌いでした。自分で具体的な課題を見つけ、考え、向上しようとする姿勢を常に忘れない。選手にはそうあってほしいと考えていたのです。
  • (ほめることは大事であるとともに)ほめられたら「ありがとう」と手をあげたりしてちゃんと反応することが、「いまのはよかったんだ」と記憶しておくには必要なのです。
  • 「自信がある人」になる方法
    1.自信があるようにふるまう
    たとえ自信がないときでも、まずは頭をあげ、胸を張り、勝者のように、自信があるようにふるまうことを意識してください。相手の反応が変われば、結果も変わってきます。それが自信につながっていくのです。
    2.セルフトーク
    ネガティブな言葉を、自信に綱が鵜言葉に置き換えて、自分を鼓舞する。
    3.繰り返し練習する
  • 自分だけでは達成できない「結果に対する目標」を達成するために、自分でコントロールできる目標をかかげる
    -パフォーマンスに関する目標
    -過程に関する目標
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]一瞬で心をつかむ文章術/石田章洋


我流を貫き、自分メモとしてブログを書きたい人は、本書を絶対読まないでください。

私の本ページは、自分のためのメモであることが第一の目的です。
したがって、読者視線の興味を惹きつけるような文章はなく、後から自分で読み返したときに、そのとき自分がどう思っていたか、書籍の中で気になる文章などを記載することにより、何かのネタになるのかなと思っています。

ところで本書は、ブロガーになりたい人のための読者を惹きつける記事で満載です。
これらのノウハウを活かして、ブログを書けば、注目されるのも時間の問題かと思います。物書きとして生計をたてようと考えている人にとっては、しっておくべきコツが満載です。(ところどころビジネスにも応用可能なところもあります)

目立ちたがりのブロガーを目指す人はぜひ。
自分みたいに貧乏金なしでもオーケーな人は、我流でいってください(笑)

今回もレビュープラスさん、ありがとうございました。


    • 文章を素早く書くための、たった一つのコツ。
      それは「しっかり考えてから書き始める」ことです。
    • 文章は「読者のためにある」のです。
      人に読んでもらい、言いたいことを理解してもらう、すべての文章は、そのために書かれています。
    • 欲しい→「オピニ持ち歩きふせんカバー」(シャチハタ株式会社)
  • ワープロソフトのアウトライン機能を使う
  • 本論を「現在・過去・未来」で並べる
  • 本論を「PREP法」で並べる
    「要点(Point)」、「理由(Reason)」、「具体例(Example)、または根拠(Evidence)」、「要点(Point)」
  • 対句法のコツは、伝えたいことの前に、逆の意味のフレーズを持って来ること
  • 私の場合、必ず紙に印刷してから、赤ペンを持って遂行を始めます
    (印刷したほうが間違いに気づきやすいのです)
カテゴリー: 本棚 | コメントする

[本]インクルージョン思考/石田彰洋


 

Inclusive の意味は”すべてを含んだ,包括した”。本書のタイトルにもあるように複数の問題を一気に解決するアイデアを指しています。

”インクルーシブなアイデアとは、この合鴨農法(カモを田んぼに放つことにより無農薬栽培ができるとともにカモの糞による有機栽培が可能となる。また生育したカモを食肉として売ることができる)によるオーガニック米の栽培のようなもの。問題を一気に解決して、鴨だけに一石で何鳥にもなるのです。”

アイデアの生み出し方はいろいろあると思いますが、総じると下記のようになるのかと思います。

常に問題解決のことを頭の片隅に置き、リラックスした状態もしくは締め切り前の緊迫した状態で、いろいろなものを様々な観点で観察・検討することにより、アイデアは生み出されます。

常日頃、疑問を持つことが何より大事ですね。
そして大事なのは、あきらめないことですね。
本書オビでは「あらゆる難問を0.1秒で片づける」とありますが、確かにひらめきは0.1秒で出てくるかもしれません。しかし、そこまでに至るまでの時間と努力はそれなりにかかるものです。ちょっと本書オビは誇張しすぎですね。

アイデアの作り方の基本を知りたい方には、オススメの一冊です。

レビュープラスさん、毎回ありがとうございます!


  • 「アイデアとは複数の問題を一気に解決するものだ」(宮本茂/任天堂)
  • 発表した後に「そんなの俺でも考えられる」と思わせるくらい「見えるもの」でないと、アイデアは実現しないのです。
  • 『アイデアの作り方』/ジェームズ・W・ヤング
    アイデアがひらめくまでの5つのステップ
    第一段階:資料集め(特殊な知識、一般的な知識)
    第二段階:資料を咀嚼するプロセス
    第三段階:問題をすべて忘れ、完全に心の外に追い出す
    第四段階:どこからともなく、アイデアが浮かんで切る
    第五段階:生まれたてのアイデアを現実の世界に連れ出す
  • インクルーシブなアイデアへの4つのステップ
    ①高次の目的を決めて旅立つ
    ②目的に従って材料を集める
    ③異なる分野の材料をつなげる
    ④手放して「ひらめき」とともに帰ってくる
  • 締め切りはアイデアの母
  • それぞれの情報を、マトリクス(例えばSWOT)などで整理してしまえば、そこで多くの人が「スッキリ」した感覚を覚えてしまう。
    ↑アイデアを生み出すためには、やってはいけないこと
  • (デフォルト・モード・ネットワークとは、)手放すことによってリラックス留守、つまり「緊張を緩和させる」ことで活性化するのではないでしょうか
カテゴリー: 未分類 | コメントする